前へ
次へ

アレルギー対策で冷蔵庫チェックも重要

アレルギーを心配する方は多く、しっかりと対策を取ることができるように、日常生活で使う冷蔵庫のチェック

more

アレルギーでじゅうたんに注意することも大切

じゅうたんは柔らかく、寝転がると気持ちよさを感じる方も多くいるため、お気に入りのじゅうたんがある方も

more

アレルギーに詳しいお医者さんを見つける

アレルギーに悩む方も多く、重症化するとつらい症状に悩んでしまうため、症状が軽い内に早めに気づき、治療

more

アレルギー対策は重要です

アレルギー問題は平成に入ってから大きく取り上げられるようになってきました。
昭和の時代には、ある程度の患者がいることは報告されていましたが、明らかに件数が増えてきた印象があります。
これは、生活環境の変化など様々な要因が考えられますが、どちらにせよ、患者にとっては生きるか死ぬか、という状態になる可能性がある大きな関心事といえます。
こういった社会情勢の中で、食品会社では、その食品に含まれるアレルギー物質を明示することで、対象者に注意喚起するということが法律で定められるようになっています。
必ず表示の必要な7つのアレルゲン物質はもちろんのこと、その他の項目についても推奨表示として、表示することが推し進められています。

コーディング代行

解体工事を行うには

手頃な価格でカット・パーマができる店

アレルゲン物資は、少量であっても重篤な被害をもたらすことが知られており、しっかりとした対策が必要となっており、原材料に含まれる場合にはもちろん、同製造ラインでアレルゲン物質を使用しているかどうかも考慮する必要があります。
完全に洗浄対応が可能な場合は表示をする必要はありませんが、油分を多く含むような製品の場合、押出式にて製造を行っている場合も少なくないため、こうした場合には、同ラインでアレルゲン物質を使用している旨を記載する必要があります。
こうした食品工場では、各製品後の洗浄方法を確立し、アレルゲンが混入しないように対策をし、その手順を守って洗浄にあたっています。
しかしながら、製造担当者が変わったり、設備の一部が変わることもあり得るため、定期的に検査で確認しておくことも大事です。
その影響の大きさや、生産頻度などにもよりますが、多いところでは毎回検査を行い、少ないところでも1年に一回は検査するなどの対応をしています。
このアレルゲン物質に指定されているのは、これまでアレルギー反応を示した患者が多かったり、重篤な症状を発症したりしたものが優先されています。
そのため、今後も、対しよう物質が増えていくことは、十分に予想されます。

Page Top